遅漏の原因

遅漏の原因を突き止めよう

ヴィトックスα

公式ヴィトックスα


主成分のL-シトルリンが従来の2倍に!
100種類以上の成分を追加配合!
価格は今まで通り据え置きです。


公式ヴィトックスα

 

 心に原因がある場合

 

ペニスに関しては早漏ばかりが取り上げられる傾向にありますが、遅漏というのもひとつの問題です。

 

遅漏というのは原因があるからこそ起こるのですが、その原因のひとつが本人の心の状態です。例えば、セックスに関するトラウマを抱えており、それが原因で遅漏になることもあるのです。

 

セックスのときに女性を満足させられなかったといった経験はもちろん、女性から辛辣な言葉をかけられたという方もいるのではないでしょうか?「下手くそ」「短小」「遅漏」「早漏」といった男性のプライドが大きく傷つくようなことを言われると、やはりトラウマになってしまうものです。こういったトラウマから遅漏になってしまうというケースもあります。

 

もちろん、ストレスなどからメンタル面の影響を受けているときにも遅漏になることがあります。大きなストレスを受けて余裕がないときというのは、誰だって思うようなセックスができないものです。ストレスからうつ病などの精神疾患を引き起こしている場合には、なおのことです。

 

このように心の問題から遅漏になってしまうということもあるのです。

 

 体に原因がある場合

 

先では心に問題がある場合の遅漏についてお話ししました。

 

しかしながら、遅漏というのは何も心の問題だけで起こるものではありません。体の問題で遅漏になるということも十分にあり得るのです。

 

体に原因があるということでまず考えられるのがオナニーです。男性であれば毎日のようにオナニーをしているという方も多いでしょう。オナニーというのは自分で力加減を調節できるがゆえに、気づかないうちに強い刺激でないと射精できなくなってしまうこともあるのです。

 

激しすぎるオナニー、間違ったオナニーが当たり前になっている方であれば、強い刺激に慣れてしまい、女性の中で射精できなくなってしまうのです。もちろん、オナニーの回数が異常に多いという方も同じです。ある意味ではペニスが麻痺してしまっているのです。

 

また、健康状態によって遅漏になるということもあります。何かしらの病気を抱えている、肥満体型である、筋力が低下しているといった場合に遅漏になることは珍しくありません。

 

疲れているときにセックスがうまくいかないというのはよくあることかと思いますが、感覚的にはそれと同じです。ペニスも体の一部なのですから、体の調子がよくないと本領を発揮することができないのです。