遅漏を克服した方法

私が遅漏を克服した方法

ヴィトックスα

公式ヴィトックスα


主成分のL-シトルリンが従来の2倍に!
100種類以上の成分を追加配合!
価格は今まで通り据え置きです。


公式ヴィトックスα

 

 遅漏を自覚したきっかけ

 

私が遅漏を自覚したきっかけは、前に付き合っていた恋人でした。それまでは遅漏どころか、「長持ちして女性を満足させられる」くらいに思っていました。

 

ただ、前に付き合っていた恋人はセックスのときにとても苦しい表情をするのです。

 

どうしても気になって、ある日、「あんまりよくない?」と聞いてみました。すると、「正直、ピストンが長すぎて中が痛い」と言われてしまったのです。しかも、「ごめんね、遅漏の人とするの初めてでなかなか慣れなくて・・・」と言われてしまいました。

 

私にとっては、本当にとてつもないほどショックな出来事でした。

 

やはりその日のやりとり以降、お互いに気まずくなってしまいそのまま別れることになりました。まさか自分が遅漏だとは思わなくて、これまで付き合っていた女性もみんな無理をしていたのではないかと不安になりました。

 

ただ、性欲は人一倍ありますし、セックスを諦めるという選択はしたくありませんでした。かといってこれから先、付き合うであろう女性に無理をさせるのもこわかったので、遅漏を克服しようと思ったのです。

 

 私はこれで遅漏を克服しました!

 

遅漏の克服をするにあたって、まず自分がなぜ遅漏になったのかを知ろうと思いました。インターネットでいろいろ調べていると、どうやら自分の場合にはこれまでのオナニーが問題だったようです。

 

というのも、私はオナニーをするときに痛いくらいに竿を握って上下に擦っていたのです。おそらく、強すぎる刺激で女性の中ではなかなか射精できなくなっていたのだと思います。

 

そのため、まずはオナニーのやり方を変えました。いろいろ工夫したのですが、自分の手でやるとどうしても力を入れすぎてしまうのでオナホを使うようにしました。自分の手ほどの刺激はなくともきちんと射精できるようになったので、ほっとしました。

 

オナホを使ったオナニーをしつつ、ペニス増大サプリも飲むようにしました。というのも、ペニス増大サプリで遅漏が改善したという口コミを見かけたからです。

 

実際にペニス増大サプリを飲むようになってからは、すぐ高まるような感覚になって射精しやすくなりました。その後、風俗に行って試してみたのですが前よりも確実に早く射精できるようになっていました。

 

今は新しい恋人がいるのですが、苦しそうな表情をすることもありませんし、おねだりされることのほうが多くなっています。