早漏判断方法

自分で早漏を判断する方法

ヴィトックスα

公式ヴィトックスα


主成分のL-シトルリンが従来の2倍に!
100種類以上の成分を追加配合!
価格は今まで通り据え置きです。


公式ヴィトックスα

 

 オナニーでも判断可能

 

早漏はセックスにおけることのように思われがちですが、実はオナニーでも早漏を判断することは可能です。パートナーがいないから判断する必要がないよ、と思うかもしれませんが、今後セックスをする可能性があるのであれば、早期に判断し、改善していくことがベストです。

 

というも、早漏は早めに改善しないと症状が進行し、直しにくくなってしまうからです。早漏を自分で早めに判断し、早めに改善していけるようにすることが、セックスにおける早漏の改善にも繋がってくるのです。

 

 早漏の診断方法

 

セックスにおける早漏の判断は、膣内に陰茎を挿入後1〜3分以内に射精してしまうことだと言われています。数回セックスをすればわかりますが、現在決まったパートナーがいない場合はオナニーで判断するしかありません。

 

オナニーで判断する場合、普段通りのオナニーで5分以内で射精してしまうかどうかが一応の判断基準です。オナニーは自分で気持ち良さを調節できてしまうため、あくまで目安に過ぎませんが、いつも通りのオナニーで5分以内に発射してしまうようなら早漏だと思っていいでしょう。

 

 早めに改善しよう

 

もし自分で早漏だと判断できたら、早めに改善することをオススメします。早めに気付くことができれば、とくに難しいことをしなくても改善していけますし、改善するまでの時間も短縮できます。

 

自分でできる改善方法として、一番のオススメは「ストップ&スタート法」と呼ばれる射精を我慢する方法です。本来はセックスの時にやるものですが、オナニーの際にやっても効果があります。オナホなどを使い、ゆっくり亀頭を刺激しつつ、射精感がこみ上げてきたら一度射精を我慢します。その後、何度か射精しそうになったら止めて、落ち着いたら動かして、を繰り返すことによってペニスを射精しにくくするわけです。

 

また、セロトニンを増やして精神を安定させることも早漏の改善には重要だと言われています。脳内神経伝達物質である「セロトニン」は心を落ち着かせる効果があり、これがしっかり分泌していると、射精のコントロールが容易になります。とくにセックスでは、物理的な刺激よりも精神的な刺激が射精を促すことが多いため、セロトニンを増やすことが重要です。

 

セロトニンを増やすには、増大サプリなどのサプリメントで体の中から栄養を補給したり、早寝早起きと規則正しい生活を送ることが良いとされています。自分でもできることなので、早漏を改善したい人は実践してみて下さい。