早漏の原因

早漏の原因を突き止めよう

ヴィトックスα

公式ヴィトックスα


主成分のL-シトルリンが従来の2倍に!
100種類以上の成分を追加配合!
価格は今まで通り据え置きです。


公式ヴィトックスα

 

 心に原因がある場合

 

早漏というのは、原因があるからこそ起こるものです。そのひとつとして挙げられるのが心の状態です。

 

実際に、心に原因がある早漏で悩まされているという方も少なくありません。

 

心に原因がある場合、そこにはコンプレックスが絡んでいるケースが多いようです。例えば、セックスの経験がない、セックスの経験が少ないというコンプレックスによって、実際のセックスで異常に興奮してしまうといったことがあります。その結果、挿入した瞬間やその前に射精してしまうといったケースは珍しくありません。

 

中には、女性とのセックスを妄想しただけで射精してしまうといった方もいるほどです。

 

また、今の時代は誰もが簡単にインターネットで情報を入手することができます。そういった中で誤った情報や冗談を真に受けてしまい、勘違いや思い込みから早漏を悪化させてしまうということも少なくありません。

 

「早漏なのかもしれない」「早漏になってはいけない」といった気持ちが強くなることによって、余計に早漏となってしまうこともあるのです。そういった中で受けるストレスといったものがさらに早漏を悪化させてしまうということもあります。

 

 体に原因がある場合

 

先では心に原因がある場合の早漏についてお話ししましたが、体に原因があることもあります。

 

体に原因がある場合、敏感すぎて早漏になるということがあります。もともと男性の亀頭というのは、敏感です。しかしながら、包茎の方などは亀頭が刺激に慣れず、より敏感になってしまうことがあるのです。

 

また、体の衰えによって早漏が起こることもあります。加齢や運動不足によって筋力が衰えると、早漏になりやすくなります。この場合、射精管閉塞筋という筋肉の筋力が低下することによって勝手に射精してしまうのです。

 

あとはオナニーで体に早漏の癖がついているということもあります。というのも、基本的に男性がオナニーをする際には短時間で手早く済ませることが多くなります。これによって、刺激を受けるとすぐに射精する癖が体についてしまうのです。

 

オナニーというのはそれこそ数分や十数分で終わらせる方も多いでしょうが、セックスというのはそうはいきません。本来であればもっと時間をかけておこなうはずのセックスでも、体がオナニーの感覚を覚えてしまってオナニーと同じくらいの時間で果ててしまうのです。こういう男性は思っている以上に多いものです。